上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は息子のジョー様のサッカーチームは部員不足に悩んでいるんです。

今は小学1年生と幼稚園、年長を合わせて1チーム編成(計約15人)なのだが・・・

今年の4月からは2年生、・・・・という事は2年生だけで11人揃えなければ試合ができない・・・

なのに今の1年生は8人だけ・・・

しかも、当然11人ギリギリという訳にもいかず、理想は15人ぐらいは必要。

う~ん、あと7人は確保しないと、ジョー様は試合ができなくなってしまう。

 

さらに、チームのお世話係をする保護者は毎年2名づつだから、

こちらについても危機迫るものがある、何かと大変なお世話係を2度もやりたくはない。

今のお世話係さんも大変そうです。

ちなみに今年の春からはうちの奥様がサッカーお世話係に立候補!!

 

なぜ、そんなに大変はお世話係に立候補したかというと、

3年生ぐらいからは、お世話係は更に大変らしいのです。

試合の場所は遠方になったり、夏になると合宿などがあるらしいです。

それなら、多少聞き分けのよい2年生なら引率も楽そうだし、合宿もないとなれば

「お世話係をするなら今のうちにサッサとやった方がいい」

って~事になりました。

 

とにかくこのまま部員不足ではいかん! 何かよい手はないものか・・・思案中

スポンサーサイト

久しぶりにMQさん行ってきました~。

お店移転してからは実は初めてです。

いや~忙しくてなかなか行けなっかたけど、

魚のエサがなくなったし、ソフトトレースなくなったし、T5管も1本切れちゃったし・・・

何よりも、クーラー(ZC-700)をまだ1度もメンテナンス出してなかったので

お店まで運びました。

ホントは2年に一度はメンテに出すのがよいのですが・・・・めんどくさ~かったので

3年目になって初めてメンテに出しました。

 

水槽用クーラー(ゼンスイZC-700)取り外し手順

①私のサンプは手が入るスペースが少ないので
一旦マグネットポンプの配管を取り外し
配管をフリーにして多少動かせるようにします。

②配管を手前に引っ張り、ホースバンドを外し、
マイナスドライバーでホースをちょっとグリグリやって、
後は手強引にホースを引っ張ります。
この時、ホースから海水が出るので、下にタオルを敷いておきました。

 IMG_0988 IMG_0989

③ホースの先にラップを貼り、輪ゴムでしっかり止めて。
ホースの口を塞ぎます。

④ホースの先を塞いだら、一気に配管から抜き取り、
用意しておいた洗面器の上で、ラップを外して
海水を抜き取りました。

IMG_0987

 

⑤クーラーを取り出し、マグネットポンプの配管を元通りに
取り付けて作業完了。

IMG_0986

⑥あとは車に積んでショップに行けばOK!

 

メンテナンス料金は何もなければ8,000円ぐらいらしいです。

ZCちゃん、綺麗になって戻ってきてね

ジョーのサッカーシューズは3足目になるので、

今のうちに写真とっとこ~と思いました。

そして記念すべき初めて履いたサッカーシューズはこのトレーニングシューズ

IMG_0982 

土日3時間づつ(週6時間)の練習を3ヵ月続けて

こんな感じで裏はすっかりズルむけ

IMG_0983

意外とスグすり減っちゃうんですね。

 

・・・で 2足目はこれ! 青い巨星!

IMG_0984

こちらも約3ヵ月で裏はズルズル

 

次の練習から使うまだ未使用の靴! おニューです! ニュータイプです!

しかも赤です! 赤い彗星です! 通常の3倍のスピード出ますよ!

IMG_0985

初めて紐靴にチャレンジ!ですが・・・ジョーに聞いたら、

まだ靴紐を自分で結べないらしい。(アカンやん)

紐靴になると選択肢が広がりますね。

ちなみに、小学生のサッカーシューズは、

スパイクよりもトレーニングシューズがいいらしいです。

店員さんが言うには、小学生でも特に低学年の子は

体が出来上がってないので、

スパイクの踏ん張りに体が対応できないので、

捻挫などの怪我につながるようです。

言われてみれば確かにそうですね。

 

・・・・でメーカーはというと、うちのジョーの場合

ミズノかアシックスがよく足にフィットするようです。

ナイキやアディダスはカッコいいんですけどね・・・どうも足の高さや幅が足りないようで

キツいみたいです。

これもまた、店員さんの話を聞くと、

ミズノ、アシックスは日本人の足に合うように

しっかりと設計されているらしいですね。

まあ、考えてもみれば2社とも日本のメーカーですもんね。

サッカーするときはいつでも本気!それが当たり前やと思ってた。小学校生活もあとわずか。公式戦もすべて終わり「サッカーを楽しもう」的な雰囲気がどこもかしこも埋め尽くす。わかるし それ大切。あばれはっちゃくは本当にサッカーが楽しくて大好きで。サッカーの試合できることが最高の喜びでその中で自分がガンガン持ち込んでシュート決まったら最高♪って感じ。というわけで今日の選抜チームでの試合はまさにそんなプレーの連...
市選抜チームでもやることは同じ



今の私とは考え方は違うかも知れないけど、
小学生も高学年になると父親の私もこれぐらいの意気込みが必要かもなぁなんて思います。

うちの息子、「ジョー」がチームに入ってサッカーを始めたのは去年の2012年5月。

保育所の卒園式の時に「1年生になったらサッカーがやりたいです!」

って大きな声で発表していたジョーの姿を見て、心を動かされたのを覚えています。

 

もともと自分の子供には「やりたい事を早く見つけてほしい」

「自分で決めた事をしっかりやってほしい」って思っていたので

迷わず地域のサッカーチームに入団させました。

私自身、特別サッカーが好きなわけでもなく、

サッカーをやっていたわけでもないですが・・・

 

1年生になりたてのジョーにはまだ早いかとも思いましたが、

両手を息子の肩にあて、同じ目線で真剣に話をしました。

「お前は遊びでサッカーがやりたのか? それとも真剣にサッカーをしたいのか?」

そう聞くと、息子のジョーはこう答えました。

「真剣にやりたい! プロのサッカー選手になりたい!」

 

1年生の言う事だから、しばらくしたら気が変ってるかも知れないなぁ・・・とも思っていましたが、

その後、1週間後、1ヵ月後・・・と同じ質問を何度しても同じ答えが返ってきました。

そして、自分の息子は、ホントに心底サッカーがやりたいのだと確信したのです。

 

うちの奥さんは「サッカーよりも勉強していいところに就職して欲しい」っていう考えでしたが、

私が奥さんに説得しました。

「1年生でこれだけ心底やりたい事があるのは素晴らしい事だ。」

「親に言われて嫌々やる事は途中でスグ辞めるし、何にも身に付かない」

「それなら、やりたい事を思いっきりやらせてやってくれ」

・・・とまあこんな感じで。

 

どうせ人生計画通りにいかないなら、今やれる事を精一杯やってほしい。

仮にどこかで挫折してサッカーを辞める決断をしなければならなかったとしても、

それまで、真剣に取り組んできた事は後々の人生できっと役に立つはずだから・・・

先の事ばかり考えるよりも、今を、大切に生きてほしい!

私はそんな思いになったのでございます。

半分は、自分に言い聞かせてる部分もありますが・・・

 

とまあ、これが息子とサッカーをやるきっかけになったエピソードです。



あとはモチベーションを継続させてやるのが親の勤めですかね。
モチベーションについてはこんな記事を見つけました
http://blogs.yahoo.co.jp/mori03050413/8438606.html

久しぶりに息子がサッカーの試合だったのでデジタル一眼で撮影に挑みました。

少年サッカーを撮るのは、やはり難易度が高い。

カメラの事がよく分かっていないオッサンなので、とりあえす「スポーツモード」で撮影開始!

適当に連射しても思った通りのショットは意外と撮れてなかった経験もあり、

「ここぞっ!」っていうところでシャッターを押すつもりで撮りました。

結果、前回よりはちったぁ~マシな写真が撮れました。

曇ってたし、露出補正もな~んにもしてないので・・・

まあこんな感じ

   ↓

IMGP1053

初心者にしては、そこそこの出来? だと勝手に思ってます・・・・がっ!

まずは、以下の課題を改善しなければならないようです。

1.AF(オートフォーカス)が追従しきれず、動きっぱなし

2.被写体を大きく捉えられない。

 

1.のAFに関してはいろいろ調べたところ「親指AF」の設定を利用すれば解決しそうですね。

「親指に位置するボタン」でAFが機能するようボタンをカスタマイズし、

シャッターの半押しAFの機能をOFFにすることで、シャッターを押す直前に

AFが動かないようにします。(次回はこの設定でやってみます)

 

2.の被写体の大きく捉えるのは、経験を積むしかないですかね?

ファインダー内ギリギリに全身とボールが収まるように撮りたいけど、

これが、相当に難しい! ターゲットとなる被写体はスグにファインダーの外にいっちゃいます。

これを追いかけるには、まだまだ研究と経験が必要です。

ここが腕次第ってとこでしょうね。

・・・・って事で以上の2点を踏まえて、次回の撮影に臨みたいと思います。

小1の息子のサッカーの試合を見ていると、

ついでに、小学校高学年の試合を見ることがあります。

私が見ている分には、「スゴイなぁ・・・小学生でもこんな動きができるんだなぁ・・・フムフム」

なんて、小学生のサッカーテクニックに関心するばかりです。

そりゃあ・・・まあ「あそこをこうすれば! もっとこすればいいのに~!」

と思うわけですが・・・やはりそこは言いたくても我慢すべきだと思うんです。

しかし、どいうわけか必ずと言っていい程存在する、息子に怒鳴り散らす親です。

 

「バカっ! おい何してるっ! 走りこんでオーバーラップしろっ!」

「何度言ったら分かるんだ! なんでそれぐらいの事ができないんだ!」

などなど・・・・

聞こえてくるのは、ワールドクラスの選手に求めるようなプレーばかり。

いくらなんでも小学生にそんなこと言ったって仕方ないと思いますね。

気持は分からないではないが、「サッカーをやっているのは子供たちであって

親のアナタじゃないよ」って言いたい。

 

ちょっとしたミスを指摘してダメだしばかり、フィールドで頑張っている子が

なんだか可哀そうに思えます。

いい場面だってたくさんあるはずだが・・・褒めることは一切なかったな~。

サッカーが嫌いになったらもともこもないですからね。

プレーの内容は子供たちが自分で課題を見つけ、自分で修正するでしょう。

親はそれを見守ったほうがいいように思えます。

「サッカーが好き」っていう気持ちを継続させてあげる事に親は専念するべきでしょう。

 

「継続は力なり」です。

近頃、「体幹トレーニング」というものをよく耳にするようになりました。

初めて聞いた時には「なんだそれ?」ってさっぱり分からず、

いったい何に効果があるんだかよく分かりませんでしたが、

多くのスポーツ選手が取り入れているトレーニング方法のようです。

「幹」と書いているのは、大木が地に根を生やすイメージですかね。

調べてみるとグラグラせずに、どっしりとした体をつくれるようです。

 

サッカーで例えるならば、多少無理な体勢になった時に倒れないようになるみたい。

ドリブルなどのバランスを崩しやすい激しい動きでも、体幹がしっかりしていれば、

相手に引っ張られたり、押されたりしても多少の事なら体勢を崩さずにシュートまで持ち込める。

 

手始めに息子の体幹を鍛えるべく、ゲーム感覚でできるものをチョイス!

 

2人で練習します。

1人がうつ伏せになり、もう1人がそれを「ひっぺがすっ!」 思いっきり「ひっぺがす!」

うつ伏せの人はひっぺがされないように「踏ん張る!」とにかく「踏ん張る!」

 

参考→http://www.sakaiku.jp/training/2012/003773.html

<\/param><\/embed><\/object><\/div>";" alt="">

「サカイク」のサイトより引用しております。

このトレーニング、うちの息子は楽しがって、

明日もやりたい!って言ってました。

息子よ! まずは楽しむことだ! ウンウン。


Rockin' fisher FGノット。これなら釣り場でも出来ますね。



FGノット、参考になる動画をたくさんまとめていらっしゃいます。
自分に一番あった結び方を選ぶのも釣りの楽しみですね

眺めてます^^  こんばんわ~daisanです^^ 今までアジングロッドの1本だけでしたので、道具をじっくり見ることなく、すぐに袋に入れて きちんと片付けていた私。 先日の釣行の後、出窓に立て掛けていたのを見て、「かっこいい~~」って眺めてしまい ました。^^;  皆さんの言っていることが分かります~~^^; 今回は、ベルトも買って巻いていたのですが、何かカッコ良く見える~~。 いい!! で~~~、やっぱ...
堀田式FGノットの練習~



FGノット最初は抵抗ありますよね。編み目をみただけで難しそうだなって・・・
私もマスターした!・・・とはいえませんが
「おのけんさん」の動画がスゴク参考になりました。
http://umibereport.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

ルアーで「陸っぱりシーバス」をやるんですが、でかシーバスがやってきた時は

ナイロンライン直結で何度も切られて悔しい思いをしたもんです。

 

PEラインにショックリーダーを連結することは知ってたんですけど、

めんどくさいから避けてたんです。

しかし、このままでは「でかシーバス」が釣れない!

・・・っということで

結び方を調べてたんですけど、

いろんな結び方があって結局どれがいいのかよくわからんっ!

下記に候補をあげると

オルブライトノット
トリプルサージャンスノット
ビミニツイスト
SFノット
FGノット

本やネット、様々な情報から厳選し実践した結果

FGノットを採用する事にしました!

メンドクサイのが嫌いな私なので各ノットの詳しい解説はしません。

 

FGノットにした理由は

1.ブリ、ヒラマサなどの青物狙いでもよく使われているため強度は間違いない。

2.上記のような青物を揺れる船釣りでも結べるから、難易度は高くない。

以上の2点

 

他のノットは試してみたけど、どれもコツをマスターしなければ「スッポ抜け」したり、

連結するのに時間がかかり過ぎたり(慣れていれば早いらしいが・・・・私にはムリ)

何よりも、FGノットなら結び目が小さいのがいい!

結び目が大きいとガイドに引っ掛かり、ライントラブルが起きやすかったり、飛距離がでない。

陸っぱりのリバーシーバスなら飛距離を犠牲にするのは致命的です。

 

しかし、これもFGノットなら問題なし。

ついでに言うと、「結び目の美しさ」も長所として付け加えておきます。

 

FGノットも結び方にアングラーによって多少の違いがあるようですが、

私の知る限り、一番簡単で実践的だった

とっても参考になる動画を紹介します。

 

おのけんさんのブログから引用させていただきました。http://onoken.hamazo.tv/

解説の動画もスゲェ~分かりやすいのでめっちゃ参考になりました。

これさえ見れば他に解説本見たりする必要もありません。

これだけ覚えれば充分でしょう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。