上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて! いよいよドキドキワクワクの実技講習は、

私以外におっちゃんが一人だけ受講されるようでした。(教習艇が2艇だけなので)

まずは教室に行き、実技講習の流れを説明してもらい、

次に出船前の点検とロープワークなどを教わります。

家で事前に練習してるからバッチリ!と思ってたのが、どうも、覚えてきた結び方が少し違ってたようで・・・・

変なクセがついてしまい、教わった通りにできない。

何度やってもうまくいかないっ! 「ちょっとヤバいかなぁ」なんて思いながらも、

時間がないので教室での説明は終わり。

早くも教習艇が置いてある桟橋まで移動。

 

さっき教室で教わったことを教習艇で実践します。

「船主よしっ!」「左舷よしっ!」「推進機よしっ!」

「バッテリーよしっ!」「バッテリー取り付けよしっ!」・・・・

といった感じ。

 

この時出船前にいくつかエンジンの点検項目がありますが、

例えば、「エンジンがオーバーヒートする原因は何がありますか?」と1つだけ聞かれますが

複数ある答えのうち1つ答えられればOKとの事(これなら楽勝!)

 

ロープワークについては、他はいいから「逆もやい結び」と「クリート止め」だけ覚えてくださいと言われました。

試験もどちらかしか出さないとの事。

講師いわく、「実践ではもやい結びさえできれば何でもできるよ」

 

そしていよいよエンジンを始動して初の出船っ!

ブロロロロロロォォォォーーーーー!

おおおーーーーっ! 感動ですよぉ!

 

離岸、方向転換、スラロームなどは 車運転してる人なら心配いらないでしょう。

人命救助はちょっとコツがいりましたが、講師の言うとおりにしておけば問題ありません。

やはり着岸が一番難しいですが、

「みなさん最初からピッタリ着けようと頑張って失敗されるんです。

ちょっとぐらい離れてても、その時に微速前進で寄せればうまく着けれますよ」

「実際に運転されるときには、慣れてきたら少づつ寄せて着けるようにしてください」って

講師に言われ、なるほどぉ

まあ考えてみれば車も一緒で、一発で車庫入れしようとするからぶつけやすいって事か・・・

 

まあ、そんなこんなでアッと言う間に実技講習が終わり、

「じゃあ、今から試験しまーす」って感じで、

講師が交代して試験にいどみましたが、

やはり緊張して上手くいかなかった事も多々ありました。

失敗した事は

①逆もやい結びが1回で完璧にできず、何度かやり直し。(講師:ちょっと結び目が綺麗じゃないけどヨシとします)

②着岸が少し遠すぎた。(講師:まあ、いいんじゃないですかって感じでなんとかOK)

③安全確認と点検項目はいくつか抜けていた。

 

一通り終わったあと、少し講師にお話しをさせていただきましたが、

講師:「そもそもたった半日で、全部は出来るようになりません。あとは実践で覚えていくしかないですねぇ」

「特に水上バイクはルールなんて無視ですから、こちらが優先でも止まっておいた方がいいですよ。くれぐれも安全には注意してください」

 

教本には別にそこまで覚えなくてもいいような事はたくさんあるし、

逆に知っておいた方がいいような事が、教本には載ってないし試験にも出ないようです。

 

ボート免許実技の感想としましては

8月という事もあり、暑さと緊張で「グッタリっ」て感じで、非常に疲れたましたが、

ボートの運転は楽しかったし、いろいろ知る事ができて、本当に充実したアッ!という間の半日でした。

大変満足しました!

 

また、今回講師をしていただいた方には、限られた時間にもかかわらず

試験には出ない大切な事を多く教えていただきました。 本当にありがとうございました。

 

ではまた次回、結果報告いたします!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://umibereport.blog.fc2.com/tb.php/46-ffbbb57b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。